胸椎伸展パターンの方の改善方法を書いてミタ

皆さんこんばんは!
Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です!
 
前回の記事で呼吸状態のチェック方法を挙げさせてもらいましたが、「胸椎伸展パターンで呼吸をしている人の改善方法を教えてください」というコメントがありましたので早速お伝えしていきましょう。
美濃さんコメントありがとうございます!(ネタが広がりました。笑)
 
 
 
 
ここからは以前のオンラインセミナーでもお伝えした内容になりますが、復習と思ってもう一度みてください!
まず胸椎伸展パターンになっている人はどういう姿勢になっているか。

f:id:bluesteps:20210416184523p:plain

だいたいこんな感じの姿勢ですね。
 
 
これを「オープンシザースシンドローム」と言います。
はさみを開いた時のような姿勢ですね。
 
この姿勢になっている人は肋骨が外旋してパコッと開いているのが特徴です。
経験上、こういう姿勢になっている人は呼吸状態が悪くなっている場合が非常に多い!
呼吸のチェック方法は前回のフェイスブック内の記事を確認してください!
 
 
 
なんで悪くなってるかといったら、息を吐いている割合より息を吸っている割合の方が多くなっていわゆる過呼吸状態になっているからです。
 
思いっきりダッシュした後って息が「ハア、ハア」なって一生懸命息を吸おうとしますよね?
あの状態を日常生活でやっているようなイメージです。
 
 
 
つまり息を吐けていないということ。
 
 
という事でまずは「息をしっかり吐く」ということをやらなければいけないのですが、オープンシザースシンドロームになっている人はほぼ上手く息が吐けません!
 
 
 
もしオープンシザースシンドロームの方を見つけたら、試しに上向きになって患者さんの肋骨を触りながらきちんと息が吐けているかを確認してみてください!
 
みるポイントは息を吐いた時に肋骨が最後までおへそ方向に下がっていくかです。

f:id:bluesteps:20210416190049p:plain

 

だいたいの方が肋骨が下がらずにめっちゃ首に力が入り出すと思います。
 
 
 
 
つまり息を吐く=肋骨を下げるという感覚が分からない訳です。
この肋骨を下げるためには腹斜筋が働かなければいけませんが、力の入れ方が分からなくなるんですよね。
 
 
なので、まずやるべき事は腹斜筋の促通です!
 

この体勢から

f:id:bluesteps:20210319173406p:plain

息を吐きながら右側の脇腹を左の股関節に近づけるように体を捻っていきます!
 
運動が分かりづらい方もいると思いますので、右の肋骨にコンタクトしながら肋骨を下げる方向に誘導しても良いですし、左側に何か物を置いてそれを取るように体を捻ってもらっても良いかと思います。
 
右の腹斜筋に力が入る感覚が分かってもらえたらOKです。
 
 
 
そしたらもう一回この体勢に戻って息を吐きながら肋骨が下がるかを確認してみてください!

f:id:bluesteps:20210416190049p:plain

 
 
まとめると・・・
胸椎伸展パターンを改善するためにはまず
息が吐けて肋骨が下がること!
これが重要になります。
 
 
 
ぜひ一度やってみてくださいね!

腹斜筋促通エクササイズを2つ挙げてミタ

皆さんこんにちは!

Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です! 

 

前回は「胸椎の回旋可動域のチェック方法と改善エクササイズ」をお伝えさせて頂きました!

皆さん胸椎の回旋可動域チェックしてみましたか??

 

スタッフの小野さんは肩甲骨までピタッとついたみたいですね!さすがです!

(コメント返信できておらずすいません・・・)

 

 

そして改善エクササイズとして

腹斜筋を促通することで反回抑制がかかり、結果的に回旋可動域が改善します!

 

 

ただ中にはこのエクササイズだけではなかなか改善しない場合もあります。

 

 

そういう時はポジションや動き方を変えながら色々動いてみましょう!

 

てことで今回は腹斜筋を促通するエクササイズをいくつかご紹介していこうと思います!

(全然ネタ切れではないですよ)

 

 

 

 

腹斜筋促通エクササイズ:その①

 

まずは四つん這いになります

f:id:bluesteps:20210326182606p:plain

 

 

 

そのまま右手を反対の膝より奥の方に伸ばしていきましょう!

この時のポイントは

①右側の肋骨を閉じて、逆に左側の肋骨は開きます!

(右側の肋骨は内旋、左側の肋骨は外旋)

 

②手を伸ばしていった時に殿部が左側にシフトしない

(股関節で動いてしまい、胸郭が捻れません=腹斜筋が促通できない)

 

③息を吐きながら目一杯伸ばす

(反回抑制のポイントは最大短縮からの収縮です)

f:id:bluesteps:20210326184011p:plain

 

そうすることで右側の外腹斜筋を促通する事ができます!

10回もやれば十分でしょう!

 

 

これをやった後に前回お伝えした胸椎の可動域をもう一度チェックしてみてください!

患者さんの肩甲骨はピッタリと床に着いていることでしょう。

 

 

それでも肩甲骨が床に着かない!という欲張りなあなたのために

もう1つだけエクササイズをご紹介します!

 

 

 

 

 

腹斜筋促通エクササイズ:その②

 

両足の股関節と膝を90°に曲げます(卍の形になります)

床に手を着いて反対の手は真っ直ぐ正面に向けましょう!

f:id:bluesteps:20210326185117p:plain

 

 

 

 

 

そのまま息を吐きながら胸椎を回旋していきます!

(画像で言うと胸椎の左回旋)

と一緒に股関節を内旋して足を挙げていきます

 

この時のポイントは

①右側の肋骨を閉じて、逆に左側の肋骨は開きます!

(右側の肋骨は内旋、左側の肋骨は外旋)

 

②体を捻った時に前方に突っ込んでいかない

(胸郭が捻れていない=腹斜筋が促通できない)

 

③股関節を内旋する

(肋骨と骨盤の距離が近づいて腹斜筋に入りやすくなります)

f:id:bluesteps:20210326185547p:plain

 

 

 

ここまでやったらもう一度胸椎の可動域をチェックしてみてください!

今度こそ患者さんの肩甲骨はピッタリと床に着いていることでしょう。

(さっきの文章コピペ)

 

以上が腹斜筋の促通エクササイズになります!

 

 

 

もちろん腹斜筋をもう少し効かせたいなーという時にも使えますし、前回のように

胸椎回旋可動域を広げる時にも反回抑制として使えます。

 

 

 

臨床の中で色々と試してみてください!

 

 

 

では本日はここまで!!

胸椎の硬さをチェックしてエクササイズやってミタ。

皆さんこんにちは!

Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です! 

 

早速ですが本日の本題に入っていきたいと思います!

今回は「胸椎の回旋可動域のチェック方法と改善エクササイズ」です!

 

 

胸椎って臨床の中でも「硬ッ!!」ってなること多くないですか??

 

交感神経が胸椎部分から伸びてくるのでストレスや睡眠不足なんかの影響を、非常に受けやすく、それに伴って胸椎が硬くなってること臨床の中でも多々あります!

 

 

 

でも胸椎はMobility Jointなので本当は可動域を確保しておかないといけません。

 

こんな感じでね。笑

f:id:bluesteps:20210319171428p:plain

 

さすがにこんな風にならなくても良いですけど・・・

 

 

 

てことで簡単に胸椎回旋の可動域チェックと改善エクササイズをご紹介しましょう!

 

 

まず回旋可動域のチェック方法としては横向きに寝ます!

f:id:bluesteps:20210319171842p:plain

骨盤の影響をなくしたいので股関節を90°に曲げてください!

画像のようにポールの上に足を乗せても良いですし、両方の股関節90°に曲げても良いです!

 

 

 

次にポールから足が離れないように胸椎を回旋していきましょう!

f:id:bluesteps:20210319172129p:plain

 

この時に左の肩甲骨が床に着くとOKです!

 

皆さんも「ナウ」でできる人はチェックしてみてください!

 

 

結構これ着かない人多いと思います。

 

 

 

ではこの時に回旋を阻害している筋としては何があるでしょう??

f:id:bluesteps:20210319172649p:plain

一番影響が大きいのは白丸のところにある外腹斜筋ですね!(雑ですいません・・)

 

この外腹斜筋がしっかり伸びれば回旋可動域が増える可能性があるわけです。

 

 

てことで今度は改善エクササイズです!

 

f:id:bluesteps:20210319173243p:plain

まず上向きに寝て片膝を立てます。

 

f:id:bluesteps:20210319173406p:plain

そこからカラダを捻じりながら起き上がっていき、最後まで腹斜筋を短縮させてください!

 

これを10回もやれば十分です!

 

 

できたらもう一度可動域をチェック!

f:id:bluesteps:20210319172129p:plain

 

きっとあなたの肩甲骨はべったりと床に着いていることでしょう。

 

 

結構簡単に可動域が変わるので患者さんのウケも良いですよ!

「肩甲骨がついたー!!」

「先生すごーい!!」

みたいな・・・

 

 

 

改善エクササイズでは腹斜筋を最後まで短縮するようにとお伝えしましたが、ここで使っている抑制方法はナンでしょうか?

 

 

正解は「反回抑制」ですね。

反回抑制のポイントは「最大短縮からの収縮」です!

そうする事で「これ以上もう筋を縮めたらダメだ!」ていう風に脳が判断して筋が緩む。というメカニズムになります。

 

反回抑制のメカニズムはまたいつかやります。たぶん。

 

 

では本日はここまで!

ぜひ自分の体でチェックしてみてください!

Mobilityのミカタとエクササイズについて解説してミタ。

皆さんこんにちは!

Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です! 

前回は可動性と柔軟性の違いについてお話させて頂きました!

 

もう皆さんは違いをバッチリ説明できますよね?笑

 

簡単にもう一度説明すると

柔軟性とは筋や軟部組織が伸びる範囲で

可動性とは関節が可動する範囲、自分でコントロールして動かせる範囲です!

 

 

違いがわかったところで次に大事なことは目の前の患者様が

可動性、柔軟性どちらの問題があるのか

というのを評価しなければいけません。

 

このミカタは簡単です!

前回同様SLRを参考に考えてみましょう!

 

 

①アクティブで足を挙げてもらう

「片足を真っ直ぐ上に上げてくださーい!」

f:id:bluesteps:20210305183233j:plain

といった時に正常な可動範囲がなかったとしましょう!

(SLRは最低でも反対の膝を超える必要があると言われています)

 

となったら次に・・・

 

 

 

②パッシブで足を挙げる

f:id:bluesteps:20210305183202p:plain

もしこの時アクティブで挙げた時の角度より少しでも変わる場合は

可動性、柔軟性どちらの問題でしょう??

 

この場合の正解は・・・

 

 

可動性の問題

という事になります!

 

 

なぜならパッシブで上がるという事は柔軟性の問題はないという事になります!

つまり自分で動かす能力が低下している=可動性(Mobility)の問題という事です!

 

 

 

これがアクティブで挙げた時もパッシブで挙げた時も角度が変わらない!

ということであれば・・・

そもそも柔軟性が足りないという事になりますよね?

 

 

 

自分も肩や胸椎、股関節などいわゆる可動する範囲が大きい関節に対しては、上記の方法でどちらの問題があるのか評価してます!

 

 

 

問題点が分かったら次にやるべき事は治療です!

可動性が問題である場合、SLRで言うとハムストを緩めてみたり、ストレッチをしてみたり・・・(ここに関しては今回は割愛させて頂きます。)

色々と皆さんが学んできた手技や治療法を使ってもらうと良いかと思います!

 

 

では可動性が問題の場合はどうしましょう?

可動性=自分でコントロールして動かせる範囲のこと

でしたよね??

 

足を挙上させるという動きは必ず体幹部分が安定していないと挙がりません!

 

f:id:bluesteps:20210312183359p:plain

という事は体幹部分の筋を賦活させると足が上がる可能性があるわけです!

治療としてはエクササイズや運動といったものが必要になってきます!

 

では今回はそのエクササイズをご紹介します!

 

①両脚を浮かせます

f:id:bluesteps:20210312184504p:plain

②その状態から腰を丸めるように骨盤を後傾させます

f:id:bluesteps:20210312184623p:plain

要するに腹筋群を賦活させるエクササイズですね。

手を腰の下に入れてもらって押し付けるように骨盤を後傾してもらうと腹筋に収縮を感じやすくなりますよ!

 

 

 

それができたら次のレベルにステップアップ!(ブルーステップス・・・すいません)

 

①先程の状態から両手も前に出します

f:id:bluesteps:20210312185107p:plain

②対角線上に手と足を伸ばします

f:id:bluesteps:20210312185247p:plain

手と足を伸ばすことでレバーアームが長くなりますのでさっきのエクササイズよりさらに難しくなります!

もちろん片足だけを伸ばす、手だけを上げるというやり方もOKです!

 

 

ここまでできたらもう一度SLRを再評価!

f:id:bluesteps:20210305183233j:plain

最初より角度が上がっていたら

やっぱり柔軟性ではなくて可動性の問題だったんだな!ってなるわけです!

 

 

 

 

なんとなく柔軟性と可動性の違いや、ミカタ、評価の仕方、エクササイズ方法がわかってもらえたでしょうか??

 

もし他にもエクササイズの方法やポイントが知りたい場合はいつでもご質問ください!!

 

 

 

では本日はここまで!

可動性と柔軟性の違いって説明できますか??

皆さんこんにちは!

Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です! 

 

皆さん2回程ブログをすっぽかしてすまったこと。

申し訳ありません!!

 

これからは前日までに書いておくようにします。。

 

 

はい。ということで切り替えて本題に入っていきます!笑

 

前回はパフォーマンスピラミッドについて書いていたのですが、もう忘れてしまった方も多いですかね。。。笑

 

一応リンクを張っておきますね!!

bluesteps.hatenablog.com

 

 

前回の内容の中で「Mobility」という言葉が出てきたと思います。

 

「Mobility」を日本語にすると「可動性」です!

 

では似たような言葉で柔軟性という言葉があります。

※ちなみに「柔軟性」=「Flexibility」といいます。

 

では今日の本題に入っていきますが

可動性と柔軟性の違いって説明できますか?

 

 

 

意外とこの違いを説明できないセラピストって多いと思います!

 

 

可動性と柔軟性。

画像で表すと・・・

f:id:bluesteps:20210305183202p:plain

f:id:bluesteps:20210305183233j:plain

です!

 

どちらが可動性でどちらが柔軟性でしょう??

 

 

 

正解は、上の画像が柔軟性で、下が可動性になります!

もう少し詳しく説明していきますね!

 

 

 

 

柔軟性

f:id:bluesteps:20210305183202p:plain

・筋や軟部組織が伸びる範囲

・だれかに押されるなどの外力が加わって動く範囲

 

 

 

可動性

f:id:bluesteps:20210305183233j:plain

・関節が可動する範囲

・関節可動域の範囲を自らの力でコントロールしながら動かせる範囲

 

 

になります!

ではスポーツをやってきた人なら分かると思いますが「良く柔軟性は大事だ!!」「ストレッチをしろ!!」

なんて言われる事が多いと思いますが、柔軟性を上げればパフォーマンスは上がるのでしょうか?

 

 

もちろん柔軟性も大事ですが、100という柔軟性があるのに競技の中で60しか動けないのであれば意味がありませんよね?

 

ようするに可動性を上げていく事が重要になってくるのです!

 

 

 

前回の記事でも「可動性」という言葉が出てきましたが、あの中で言っていた可動性とは上記のような意味ですのでそこはしっかりと理解しておいてください!

f:id:bluesteps:20210212114857p:plain

 

 

この「Mobility」という部分は非常に重要な部分ですので、次回まで続けてお伝えしていきますね!

パフォーマンスアップ、障害予防を目的とした際に重要なパフォーマンスピラミッドの理解

 

皆さんこんにちは!
Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です! 
 
今回はパフォーマンスアップや障害予防を目的とした際に重要な、パフォーマンスピラミッドについてご紹介していきたいと思います。
 
まずパフォーマンスピラミッドを皆さんはご存知でしょうか?

f:id:bluesteps:20210212113654p:plain

冒頭にも挙げましたように、パフォーマンスアップや障害予防を目的とした際の基本となる考え方になります。
 
一番下から①POSITION
これはMobility(可動性)、Stability(安定性)という意味になります。
 
そして②PATTERN

これはCoordination(コーディネーション)と言って、その場の状況を目や耳など五感で察知したものを、頭で判断し、具体的に筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力の事を言います。

 

次に③POWER

これはPOWER(パワー)、Stregth(ストレングス)、Speed(スピード)という意味です。

 

最後に④Skill

これは簡単に言うと、その競技の専門的な技術の事(投球フォーム等)です。

 

この4つのバランスが整っていること、そしてそれぞれが広い土台を作り、高いパフォーマンスピラミッドを構築する事が重要になります。

 

 

ではこのような状態はどうでしょう??

f:id:bluesteps:20210212114857p:plain

 

POSITIONの部分が狭くなっているのが分かるかと思いますが、これは車で言うとMobility(可動性)がタイヤの部分で、Stability(安定性)がボディの部分になります。

 

いくら運転者の運転技術が高くてもタイヤに異常があればベストなパフォーマンスはできないですよね?

 

つまり何が言いたいかと言うと、身体も車と同じで動くべき所は動いて、安定するべき所は安定しておく事が重要だという事です!

 

ではこのMobility(可動性)とStability(安定性)という部分をもう少し掘り下げて考えてみましょう!

 

 

 

-------------------------------------------------------- 

 ○Joint by Joint Theory 

f:id:bluesteps:20210212120213p:plain

 これは見たことがある方も多いかもしれませんが、「Joint by Joint Theory」と言って各関節毎にMobility(可動性)とStability(安定性)の役割が異なっているという事です。

 

 

 

例えば肩関節を挙上したとしましょう!

f:id:bluesteps:20210212121052p:plain

この挙上という動作を考えた時に、Stability Jointである腰椎部分が安定していてMobility Jointである胸椎や肩関節の可動性が正常であるために成り立つわけです。

 

これが腰椎の安定性がない状態だとすると・・・

f:id:bluesteps:20210212121506p:plain

 こんな感じになるかもしれません。

そうすることで腰椎部分に伸展型の腰痛が出る可能性は十分にあるわけです。

 

という事は腰椎の安定性を高めるエクササイズが必要になりますよね。

もしくは胸椎や肩関節自体の可動性の問題かもしれませんし、腰椎が安定した上での肩関節挙上ができないという運動制御の問題かもしれません。

その細かい部分はまた評価が必要ですが・・・

 

 

まとめると、パフォーマンスをアップする、ケガや障害を予防すると考えた時にパフォーマンスピラミッドのどこに問題があるのか、さらには各階層のどこに問題があるのかというのをきちんと把握すること。それに対してどの様なエクササイズを処方していくのかという事が大事になってきます。

 

 

今回は考え方の部分をメインにお伝えしましたので、次回は具体的なエクササイズ方法をお伝えしようと思います!

 

 

では本日はここまで!

運動学習する上でのポイント -環境-

皆さんこんばんは!
Thera-Hubスタッフ ブルーステップスの中村拓人です!
 
先日の1月30日に開催されたオンラインセミナー「腰痛患者に対するコアトレーニングと治療戦略」に参加して頂いた皆様ありがとうございました!!
 
予想外に多い人数と私自身、初のオンライン上での講義に緊張しておりました。。笑
内容の理解はいかがでしたでしょうか?
 
そして今回のネタは先日のセミナーの一部をもう少し紐解いた物を書いていきたいと思います。
 
例えば皆さん、臨床の中で徒手療法や運動療法をやった後に動作が治療前より良くなった!
→「今日の治療はここまでです!お疲れ様でしたー!」
→「テクテクテク・・・」
→「また戻ってる・・・😱」
 
なんてことは理学療法士としてあるあるですよね。(自分だけ?)
 
意識下では運動をコントロールできていても、無意識下になるとコントロールできていないパターンです。
つまり運動学習ができていない状態ですね。
 
前回のセミナーで運動学習する上でのポイントを少しだけお話したのを覚えているでしょうか?
 

f:id:bluesteps:20210205205104p:plain

この部分になります。
 
「生体」「課題」「環境」
この3つに変化を加えることで患者は勝手にコツを掴んでいく。
それが運動学習する上でのポイントだと言われています!
 
セミナーの中ではボックスを使ったり、バーを使ったりしていましたよね?

f:id:bluesteps:20210205205656p:plain

これは課題の中の空間や、ルール・道具に変化を持たせたやり方です。
 
 
では今回は「環境」という部分にフォーカスしてみましょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 人は環境に左右される生き物

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えばこのように山道を横切る川に、丸太を削った古い橋がかけられていたとします。

f:id:bluesteps:20210205211445j:plain

あなたはこの橋を渡ることができますか??
感覚が良い人はもしかしたら渡れるかもしれません。
 
 
では強い突風が吹き荒れているとどうでしょう??
 この状態で橋を渡れと言われると・・・
人によっては急に難しく感じるかもしれません。
 
でもこの状態で小一時間練習したらどうでしょう?
これまでは感じていなかった橋の太さや古さ、微妙な揺れやたわみ具合に注意するかもしれません。
 
 
これが「環境」に変化を与えられた状態で、良くも悪くも人は環境に左右されるということになります。
 
 
 
つまり運動学習をするためには上記と同じように、色々な変化を与えなければいけないのです!
簡単に説明すると例えば歩行を良くしたいのであれば、このように狭い板の上を歩かせるというのも1つです!

f:id:bluesteps:20210205214014j:plain

 これは資料にもあった「環境」の中の「地面」というところに変化を与えた状態ですね。

f:id:bluesteps:20210205205104p:plain

最初にもお伝えしたように運動学習するためには、これらに変化を加えることで患者は勝手にコツを掴んでいく。
それが運動学習する上でのポイントだと言われています!
 
ちょっと難しく感じる方もいらっしゃるとは思いますが、私は非常に大事な部分だと思っていて臨床の中でも「こうやったらどうだろう?」とか「こうやったらどういう反応になるかなあ」とか色々試しながらやっているところです!
 
今回お話したところはなんとなーくで良いので理解してもらえると良いかなと思います!
 
 
皆さんももしそういう部分で悩んでいる方がいらっしゃればちょっとだけ自分の頭を使って、患者さんに変化を与えてみると新たな発見があるかもしれません!
 
ぜひその時は皆さんと一緒に共有していきましょう!
 
 
では今回はここまで!